小平市花小金井の内科・消化器科【ふなびき胃腸クリニック】胃腸科,胃カメラ,大腸カメラ,経鼻内視鏡,大腸内視鏡

医療法人隼甫会 ふなびき胃腸クリニック

ふなびき胃腸クリニック

042-459-6000
〒187-0002 東京都小平市花小金井1-9-2 ESPACIO 301

禁煙外来

禁煙外来を行っています。

タバコが慢性閉塞性肺疾患や心筋梗塞、動脈硬化、 そして癌など多くの病気の原因(あるいは誘因)となっていることは医学的に証明されています。 からだに悪いとわかってはいてもなかなか禁煙にふみきれないでいる方へ、ぜひ禁煙外来受診をおすすめします。 直ちに禁煙しようと考えている方で要件を満たしていれば保険診療にて受診できます。

禁煙外来Q&A

Q 禁煙治療を保険で受けられる人は?

以下のすべての要件を満たす者であること
1.直ちに禁煙しようと考えていること。
2.ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること。
3.ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断(TDS5点以上)されること。
4.禁煙治療を受けることを文書により同意していること。

 

Q 禁煙治療の流れ(標準禁煙治療プログラム)とは?

関係学会により作成された「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療プログラムに基づいて 12週間にわたり計5回受診していただきます。
楽に禁煙するために通常禁煙補助薬を使用します。
現在保険診療で処方可能な禁煙補助薬として貼付薬のニコチンパッチと内服薬のバレニクリンがあります。
ニコチンパッチの使用で禁煙率は約2倍高まり、バレニクリンを用いると禁煙率は約3倍高まるとされています。

 

Q タバコ代と禁煙治療費、どっちが高い?

現在、健康保険等※1を使って禁煙治療が受けられるようになりました。禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で13,000円~20,000円程度※2です。
1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。(詳しくは医療機関にお問い合わせください。)